ホーム > 経営者様へ

経営者様へ

JPNのこだわり

士業会員「一人一人」にこだわる。

ネットに氾濫する士業の広告、お金をかければ立派なホームページも作れます。テレビに出れば一夜にして有名人になれるのかもしれません。でもそれらと士業のクオリティや評判とは当然のことながら別物になります。イメージとクオリティとが必ずしも一致しないことは、様々な業者とお取引をされている経営者様が一番よくご存知なのかもしれません。 士業ネットワークの信頼性はJPNの価値そのものになります。そのため誰でも登録すれば自由に参加できるような「登録制」ではなく、士業会員同士が信頼し合える環境づくりを最優先に考えた「紹介制」を採用いたしました。具体的には、JPN本部が信頼する士業(各地域の税理士、公認会計士、司法書士、弁護士、弁理士、社会保険労務士、中小企業診断士、不動産鑑定士、行政書士)にまずはコアな会員になってもらい、その士業会員が能力的にも人格的にも信頼できると評価した士業を紹介してもらうことで慎重にネットワークを広げてまいります。こうした士業会員「一人一人」へのこだわりがJPNの基本スタンスとなっております。


「サービス業としての士業」にこだわる。

JPN本部は主に以下の5項目(スタンス要件)を面談の際に確認しております。

①士業として日本経済の再興に貢献したい。
②お客様の売上アップに貢献したい。
③士業の仕事はサービス業であると認識している。
④様々な分野の知識・ノウハウを他の士業より吸収したい。
⑤自己の知識、ノウハウを他の士業に提供してもよい。

JPNは、中でも特に3番目の項目が重要であると考えております。誤解を恐れずに言えば「昔ながらの殿様士業」、「偉そうな士業」はNGです。これらは士業の方に事前ヒアリングした際にこんな士業とは一緒に仕事をしたくないという回答の中で最も多かったものです(ちなみにこれは経営者様からのヒアリング結果とも一致していました)。 こうした「サービス業としての士業」へのこだわりもJPNの特徴であるといえます。


JPN会員とつながるメリット

広範囲な「地域」「業種」「専門分野」に対応した総合型サービスの利用が可能

国内外に展開するJPNの広範囲なネットワークを活用することで、たとえローカルの一士業であっても、全国そしてグローバルといった地域展開、さらに他の専門分野との連携もより幅広く図ることができます。「地域」「業種」「専門分野」といった長所、短所を補完し合うことで、自身が提供できるソリューションの幅が広がり、この結果、士業会員のお客様はより高度でかつ広範囲な総合型サービスを利用することが可能となります。


お客様の売上アップに貢献する「ビジネスマッチングシステム」の活用が可能

「お客様の売上アップに貢献したい。」これは上記スタンス要件の2番目の項目であり、「地方から都心部へ、日本から海外へ、士業を通じて中小企業のいい商品・いいサービスが瞬く間に広がっていく。」というJPNの理念を実現するためには欠かすことができないマインドセットです。士業が簡単に売上アップを実現できるほど商売は甘くないことも知っています。しかし、特に予算の厳しい中小企業において応援団は一人でも多い方がいいことは間違いありません。そこでJPNは、士業会員のお客様の商品・サービスを売り込む機会を「ビジネスマッチングシステム」として構築いたしました。国内外に広がりつつある士業ネットワークを活用することで、お客様の売上アップに貢献したいという士業会員の思いをサポートいたします。詳しくはこちらをご覧下さい。


弁護士法第72条並びに27条、司法書士倫理第14条により、JPN本部から経営者様に対して弁護士または司法書士の斡旋を行なうことが出来ないことをご了承下さい。
  • 小
  • 中
  • 大
このページの先頭へ
中小企業マッチング士業網